初心者向け:ピューロランドは温度調節がしやすい服装で行くべきだった

サンリオピューロランド外観のアイキャッチ

サンリオピューロランドへ行ってきました。

数あるテーマパークのショーやパレードの中で、僕はピューロランドのものが一番感動します。

約4年ぶりにサンリオピューロランドへ行ったのですが、やはりすばらしかったです。

しかし残念なこともありました。

それは館内が寒すぎること。

まず結論からお伝えすると、サンリオピューロランドへ行く際は温度調節がしやすい服装で行ったほうがいいです、絶対に。

今回ははじめてサンリオピューロランドへ行く人やピューロランド初心者へ向けて、館内についてや行くときの服装についてお伝えしたいと思います。

仮装やなりきりコーデではなく、あくまでも普段着で行く予定の人向けです。

ただどんな方でも温度調節ができるようにしておいて損はありません。暑かったり寒かったりすると100%楽しめないでしょう。

目次

サンリオピューロランド館内の温度は?

サンリオピューロランドのエントランスの写真

サンリオピューロランドはハローキティやマイメロディ、ポムポムプリンにシナモロールなど、サンリオキャラクターと出会える全天候型の屋内テーマパークです。

東京都多摩市に1990年12月にオープンしました。最寄り駅は多摩センター駅です。

調べてみたところ日本初の屋内テーマパークで、世界的に見ても二例目だそうです。

館内は空調が効いていて、ピューロランドの公式サイト(よくある質問)によると「館内の温度は適温(冬…暖房22℃~23℃)に調節してあります」とのことでした。

夏の冷房の温度についてはわかりませんでしたが、だいたい1年通して22、3℃くらいにしているということでしょう。

ちなみに22、3℃は5月頃の最高気温です。

サンリオピューロランドはショーやグリーティングがメイン

レディキティハウスのキティちゃんの画像

テーマパークと聞くと、ジェットコースターや観覧車などの乗り物のアトラクションを思い浮かべると思います。

しかしサンリオピューロランドは乗り物の数が多くありません。ましてや絶叫系は1つもありません。

公式サイトでは「コミュニケーションパーク」と称していて、メインの楽しみ方はショーやパレードキャラクターとのグリーティングです。

館内を走り回ることはありません。せいぜい階段の上り下りくらいです。

ショーやパレードを待っているときも観ているときも座っていることが多く、動かずにじっとしていることばかりです。

カーディガンを羽織っても寒かった

サンリオピューロランドの大入り熊手の写真

僕が行った日の東京の最高気温は27.7℃。

服装はTシャツにインナーも着て、下はもんぺ。靴を履いてハラマキをして念のため薄手のカーディガンを持っていきました。

ピューロランドに入場→KAWAII KABUKI→Miracle Gift Parade→Wish me mellのChance for youと観て回りました。

ここで寒さがピークやってきます。途中カーディガンを着ましたが治まらないほど寒い。

完全屋内型であるため、寒さから逃げる場所がありません。どこへいってもクーラーが効いています。

一度入ってしまえば外に出ることがまったくないということは、荒天時にはとてもありがたいです。しかし寒いときに日向ぼっこしたり風に当たったりする場所はありません。

特に寒く感じたのがシアター内でした。

衣装を着て踊るパフォーマーの方々に合わせた温度設定にしているのかもしれません。

館内で食事をする予定でしたが、あまりの寒さに外に出ました。

幸いピューロランドは再入場が可能なのでありがたいです。外で太陽にあたり近くの商業施設で暖かいものを食べました。

サンリオピューロランドは夏寒くて冬暑いのか

今回とても寒い思いをしたのですが、考えてみれば4年前の夏に行ったときも寒くて困ったような記憶があります。

基本的にじっとしていることが多く、空調がよく効いているピューロランド。

そこで予想されたのが「ピューロランドは夏寒くて冬暑いのではないか」ということ。

Twitter(X)で調べてみたら、ちょこちょこ見つかりました。

やはり僕が感じたように、夏は冷房ガンガンで寒く感じる人がいるようです。

続いて冬はどうなのかを検索してみます。

暑すぎるという声もチラホラと見かけました。

公式が書いているとおり室温を22、3℃に調整しているのであれば、真冬の格好では暑いでしょう。

ピューロランドへは温度調節しやすい服装で

アヒルのペックルの画像

今回薄手のカーディガンを持っていったのですが、それを羽織っても寒かったです。

次に冷房の効いた時期に行くことがあったらパーカーを持っていくことに決めました。また冬用の保温性の高いインナーを1枚持っていくのもいいかもしれません。

暖房の効いた時期であれば、脱ぎ着しやすい服装で行きます。

真冬であれば館内にコインロッカーがあるので、上着を預けることもできます。

ただショーの入場待機列やパレードを見るときなどは地べたに座ることになります。そこから冷えてしまう可能性があります。

敷物を持っていくことをおすすめします。

まとめ:暑さ寒さの対策をして、ピューロランドを楽しもう!

サンリオピューロランドの室温と服装についてまとめました。

特に僕が少しでも寒さを感じると不安になってしまうこともありますが、やはり寒かったり暑かったりするとそれだけで楽しさが半減してしまいます。

ピューロランドへ行く際は

  • 夏は寒く、冬は暑い可能性がある
  • 夏は羽織れるものを
  • 冬は脱着しやすい格好で

行くようにしましょう。

せっかくショーやパレードがすばらしくて、キャラクターとのふれあいが楽しいピューロランドですから、心の底から楽しんで帰りたいものです。

ちなみに僕は「けろけろけろっぴ」や「おさるのもんきち」ど真ん中世代です。

シェアしていただけると喜びます
目次